本事例は某金融会社様でTRUSTASサービスをご導入いただいた時の事例です。 導入前は、業務単位で障害対応のバックアップは行っていましたが、事業継続のための災害対策が必要になり、ソリューションを探しておられました。バックアップ総容量が8TBと大きく、また日次でバックアップ・搬送・保管となるため、最終的な保管からの復元も含めて、費用およびセキュリティと運用負荷が課題でした。 TRUSTASサービスをご採用いただけたポイントは、
  1. バックアップから暗号化搬送保管、復元まで一気通貫でサービスとして提供されることによる安心感。
  2. システム運用者が煩雑な(媒体手配⁄管理・搬送・保管・保守・障害などの)運用から開放され、負担が他案に比較して非常に少ない。
  3. サービス全体でセキュリティ認証ISO27001の認定を受けている。
  4. 日次8TBという大容量データを高セキュリティでかつ低費用で災害対策。
といった、サービスとしての完成度と安心感および費用面で、お客様のご要求にお答えしたことが評価されました。
図:某金融会社様でのTRUSTASサービス導入事例
弊社にて、統合バックアップストレージ(日本HP社EVAを使用)のSIをさせていただきました。 TRUSTASサービスにて最大日次8TBを搬送・保管します。 金融会社の遠隔地バックアップ事例