TRUSTAS®サービスとは

TRUSTAS®サービスは、お客様のデータを秘密分散法により暗号化分散し、耐震もしくは免震の複数センターにてデータを安全にお預かりするワンストップ・アーカイブサービスです。

事業継続(BC)のための災害対策に必須の遠隔地データ外部保管フルアウトソースサービスや事業継続計画(BCP)策定のためのコンサルティングサービスもご提供しております。

サービス概要

「秘密分散法」を用いた暗号化によりセキュリティレベル・機密性のきわめて高いデータ保管をご提供しており、お客様環境の対象データを自動的にバックアップ→暗号化→搬送→保管いたします。長期保管中のデータ(アーカイブ媒体)の状態を管理しています。※1

※1長期保管中のテープ媒体を定期的にチェックし、読み込み可能な状態で管理。

サービス概要

秘密分散法とは

個人情報・機密情報の保管に適した強固なセキュリティを実現する「秘密分散法」を、さらに“進化”させました。

一般的な鍵暗号技術 元データを鍵で暗号化。

一般的な鍵暗号技術図

鍵の更新と管理に手間と費用!

管理の効率化。安全の強化。

セキュリティが強固な「秘密分散法」

トラステッドソリューションズの秘密分散法はOAEPを基本としたAONT方式を採用。元データを暗号化しながら複数のデータに分割している為鍵の更新と管理が無いので長期保存に最適で、さらに個々の分割データが盗まれても、元データは復元不可能となっております。

よりセキュリティが強固な「秘密分散法」図

一片が盗まれてもデータ漏洩しない!

企業が抱える課題

企業ではデータ管理を取り巻く環境が常に変化と進化をともない、コンプライアンス、情報漏えい、そして対応コストなど、データ管理の課題解決が企業の急務となっています。

課題1:コンプライアンスへの対応

日本版SOX法 企業内のすべての情報の3~7年の保管義務。日本でも2008年に施行の見込み。
個人情報保護法 個人情報の漏えいの際に、流出情報や経路の特定が必要。ログデータやフォレンジックデータ※の改ざんされない長期保管が必要。 ※犯罪等の追跡用の情報
電子メールの保存 法務省主導の電子メール90日分の保存。諸外国では数年間の保管が義務化済み。
e-文書法 見積書などの財務関係書類、議事録などの会社関係書類の保管義務。

課題2:人為の災害対策

主な人為災害 情報漏洩 テロ・被災 データの盗難・紛失・改ざん

課題3:増加するデータ管理のコスト

主な増加コスト データ量増加に伴うコスト増加 安全性確保に伴うコスト増加 データの盗難・紛失・改ざん

課題4:BCP(事業継続計画※1)

事業継続課題 地震・台風など大型災害(DR※2/DT※3) ※1 Business Continuity Plan ※2 DR:ディザスターリカバリー ※3 DT:ディザスタートレラント

TRUSTASなら課題を解決

安心のデータ保護

強秘匿性の秘密分散法による暗号化により万が一のデータ紛失でも、強秘匿性の秘密分散法によって、個人情報、機密情報の漏えいを防止します。

原本であることの確認

データの改ざん検出を使って原本であることを確認できます。

災害対策のための分散保管(外部保管)

事業継続性の確保に必須のデータ災害対策ができます。

おまかせ長期保管

長期保管サービス e-文書法対象データや電子メール・ログ、契約書などの文書データに対して数年保管から永久保管まで対応いたします。

デジタル・アーカイブのトータルソリューションとして

TRUSTAS®サービスは、一般的なデータ保管にとどまらず、バックアップ運用全般からお客様をサポートいたします。

トータルソリューション

利用事例(サンプル) 短期保管から長期保管までフレキシブルに対応

個人情報等の短サイクルの情報保護から、ISO等企業情報の数年間の保管等、用途に対応いたします。

フレキシブルに対応

※上記は保管方法の一例です。上記の組合せ以外にもお客様のご要望に応じた細やかな保管条件(保管データ容量・バックアップ取得サイクル・保管期間)の設定が可能です。

導入事例

トラスタスサービスのお客様導入事例をご紹介します。

金融会社の遠隔地バックアップ

TRUSTASの説明動画

音声と映像でTRUSTASサービスについての説明をご覧頂けます。
下記をクリックしてください。

movie

TRUSTAS®はリアルシス株式会社の登録商標です。その他記載されている会社名、製品名などは各社の商標もしくは登録商標です。