価値のある最適な解を導き出す。

リアルシスのシステム開発は、お客様の業務を深く理解させていただき、ビジネスの悩みや本質的な課題を、長年の経験と実績、そして確かな技術力とマネージメント力で解決させて頂きたいと考えております。お客様にとって最適な提案、手法を駆使することでプロジェクトを予算以上の価値あるものへと進化させるよう、これまでの積み重ねをベースに、お客様のシステム導入をお手伝いさせていただきます。

リアルシスのシステム開発イメージ

リアルシスの特長

  • 特長1:経験力

    豊富なシステム開発経験と実績でビジネスの悩みを解決

    弊社は、システムやソフトウェアの受託開発をコアビジネスとし2002年の設立以来、多種多様なシステム開発に関わってきました。その中でも業務システムの開発には多くの経験と実績がございます。その積み重ねを活かすことで、ご要望をただ実現するだけではなく、顕在化していないお客様の課題なども抽出し、解決のための最適な開発やプロセスをご提案いたします。

    経験力

  • 特長2:遂行力

    困難なプロジェクトを、価値あるプロジェクトへと導く

    継続が困難とされるプロジェクトを引き継ぎ、リカバリーコストを最低限に抑えながらリリースまで導き、プロジェクトを価値あるものにした経験は一度ではありません。お客様がビジネスで直面する実際のビジネス課題やプロジェクト課題と向き合う経験と実績がございます。

    開発事例についてはこちら

    遂行力

  • 特長3:総合力

    システム、デザイン、マーケティングまでワンストップで対応。

    基幹システムなどの大規模なプロジェクトからパッケージ製品の開発までソフトウェア開発全般における業務はもちろん、UIデザイン、ブランディング、集客まで対応可能。Webサイトのコンテンツ作成やサイトデザイン、そしてウェブマーケティングによる集客までITに関わる事であればワンストップで幅広く柔軟にご対応することが可能です。

    Webサイト制作についてはこちら

    総合力

リアルシスの開発体制

東京・海外含め3つ拠点から、お客様の予算およびプロジェクトの性質に応じたシステム開発や、課題の解決を実現しております。スペシャリストたちがそろう多国籍のメンバーにより各工程に応じて最適な体制を提案し、プロジェクトを確実に成功に導きます。

  • 開発拠点

    リアルシスでは、東京オフィス以外に四川、大連と開発オフィスを設けており、プロジェクト内容や予算に応じてオフショア開発の体制も整っております。

    開発拠点イメージ

  • 開発メンバー

    現在約110名(2018年時点)の技術者を抱えており、約7割は日本、2割強は中国、残りは韓国とベトナムという多国籍の構造となっております。基本的にリーダーは日本人で、メンバーは日本人と外国人の混成で開発を行っており、プロジェクトや予算に応じ柔軟なチーム編成を行い課題の解決を行います。

    開発メンバー割合:日本77、中国22、韓国・ベトナム12

  • チーム体制

    弊社は、提案フェーズからお客様と一体になって行動し、用件定義、業務分析、基本設計などの上流工程からの参画できる体制を整えております。

    上流工程からの参加によって、本質的な課題を開発前より見つけ出し、それを踏まえて詳細設計から 結合テストなど下流工程で一括請負もスムーズにお客様の満足以上の価値ある品質で納品しております。

    チーム体制イメージ

主な開発分野

リアルシスでは、様々な開発が可能ですが、主にオープン系の開発を得意としております。基幹システムなどの大規模なプロジェクトからパッケージ製品開発まで、ワンストップで幅広く柔軟にご対応することが可能で提案フェーズからお客様と一体になって行動し、用件定義、業務分析、基本設計などの上流工程から経験と実績豊富なメンバーたちが対応いたします。

  • 企業業務アプリケーション開発
  • WEBシステム開発
  • パッケージソフトの開発
  • パッケージソフトのカスタマイズ開発
  • その他オープン系システム開発
  • iOS、アンドロイドアプリ開発
  • AI/IoT開発

上記以外の開発も行っておりますので、お気軽にお問合せください。

使用言語、環境構築可能な技術分野

社内環境構築が可能で開発技術分野は以下のとおりです。

サーバーOS
Windows系、Linux、Solaris、HP-UX、AIX
DB
Oracle、SQL、Server、MySQL、PostgreSQL、ACCESS、Synforware、HiRDB
言語
Java、C/C++、VisualBasic、C#.NET、VB.NET、ASP.NET、SQL、PL/SQL、各種Unix Shell、PowerBuilder、PHP、Perl、Ruby、COBOL、etc…
技術分野
S/Cシステム、Webシステム、Rich Internet Application、Webサービス(SOAP,REST)、ASP/SaaS、Business Intelligence、SIP、各種Open Sourceの提案・検証・構築

品質管理への取り組み

  • ISOに準拠し高品質な成果物を提供

    リアルシスでは、お客様にご満足頂けるサービスを提供することをモットーに、プロジェクトと品質管理において、運営体制等の方面から着手し、高いレベルの管理実績を確保しております。

    プロジェクト管理の面では開発プロセスの要員管理、進捗管理、納期延期の対応、障害責任の対応、品質問題の対応などについて、具体的要求と追跡記録がありお客様からの信頼と好評を頂いています。

    品質管理イメージ

システム開発の流れ

提案フェーズからお客様と一体になって行動し、用件定義、業務分析、基本設計などの上流工程から経験と実績豊富なメンバーたちが対応いたします。

  1. 調査・ヒアリング

    お問い合せ後、お打ち合わせやご質問を経て、システム構築に必要な情報を収集・整理します。本質的な課題を抽出すべく、お客様の現在の業務の流れを、業務に係わる様々なご担当者さまからヒアリングさせて頂き、運用も含めたシステム全体のイメージをまとめます。

  2. 企画・提案

    ヒアリング・調査の結果をもとに課題を解決すべき方法を企画し、構築にかかる概算費用・スケジュールをご提案させていただきます。

  3. 要件定義

    改めてヒアリングを行い、構築するシステムに必要な機能をまとめ「要件定義書」を作成させて頂きます。

  4. 基本設計

    要件定義をもとに、システムの基本設計を行います。基本設計では機能の一覧及び画面設計,帳票設計等を行います。

  5. 詳細設計

    基本設計書をもとに、システムの内部設計を行います。

  6. 開発

    作成した各設計書をもとに、進捗経過のご報告や、レビューなどを行い、開発を進行。ご要望や仕様の追加が発生した場合は、可能な限りお客様のご要望にお応えできるようご相談いたします。今後の機能追加を想定し、汎用性のある開発を心がけます。

  7. テスト

    開発したシステムのテストを行います。正しく機能するかを確認するテストや、システム処理、性能に関するテスト、運用や使い易さに関するテストなど、お客様の立場に立ったテストを行います。

  8. システム導入

    開発したシステムをお客様の環境に導入します。

  9. 確認

    導入したシステムについてお客様に最終的なご確認をしていただきます。

  10. 納品

    開発したシステム及び、設計書やマニュアルなどシステムの運用に必要な資料をお納めいたします。

  11. 保守・運用

    バックアップやシステムの稼動確認など定期的な運用、またトラブル発生時のサポートなどお客様の日々の運用をご支援いたします。

リアルシスの開発事例実績へ

弊社は富士通グループ、NECグループ、キヤノングループ、新日鉄ソリューショングループの お客様から数多くの日本を代表する企業の社内業務システムを開発しております。なお、一般ユーザ向けのパソコン、ポータルサイト、アプリケーションなどの開発も手掛けております。

リアルシスの開発事例実績へ

サービスに関するお問合せ

弊社システム開発についてご質問またはご相談がございましたらお気軽にお問い合せください。

お問合せフォームはこちらから